Return to site

本当に知りたいのは、

男の年収・女の欲額

· 長谷 佳史,デートクラブ,交際クラブ,パパ活,スタッフは見た!

長谷です。

 

元スタッフだから、こんなにも正直に書いていいものか解りませんが。

 

女性の面接をした時によく聞かれたのは、

 

「どのくらいの年収の男性がいらっしゃるんですか?」

 

という質問。

ピンキリといえば曖昧な言葉ですが、

実際は年収300万の方もいれば、10億の年収の人だっています。

お金は湧き上がるものもあれば、限られたお金のなかで楽しむ人も居たりとかです。

限られたお金の人は、半年に一回利用して、女性にも欲額を出す。

年収にあわせた遊び方をしている男性もいました。

億を超える経営者の方。

むしろ、お金に対してかなりシビアにしています。

当たり前です。

 

ただ何よりも大事なのはお金よりも時間を失うことだそうです。

 

お金は取り戻せるが、時間は取り戻せません。

男性にとってそれが一番の損失だということです。

そこを理解している女性って少ないんじゃないかと。

 

ただ美味しい食事をして、エッチしてシンプルにお金をもらう。

お金をもらえたらそれで構わない。


そんな風に考えている子は、会社経営の男性の時給を計算できないんだろうと思います。


お金は天下の周りものといいますが、

今度は女性の欲額です。
※ちなみに「欲額」という言葉は長谷が今つくりました。

これは女性にとって欲しい金額です。

月額であったり、都度もらったり。

人によっては都度5万が欲しいという人もいれば、

人によっては都度30万が欲しいという人もいる。


でも自分の価値を分かっている女性だっている。分かっていないおばさんだって居ます。


「いくら貰えるんですか?」

ってスタッフに聞く女性ほど交際クラブを全く分かっていませんし、危険人物だと認識されやすいです。


仕事だと思っている女性ほど危険なものはありません。

必ず男性とトラブルを起こしやすいからです。

気持ち的に仕事だとしても、仕事だと言わずに自分のしっかりした気持ちを持ってもらわないと、交際クラブに登録はしないでいただきたいんだろうと思ってました。

今は部外者ですが、当時はそのような気持ちに陥ってたのを覚えています。


男性会員を「お客様」と呼ぶような人は微妙かなと。


本当にいい女性というのは、まずお金についてがめつく生きていない。


それが男性にとっても嬉しいものじゃないでしょうか?


長谷 佳史

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly