Return to site

美人倶楽部

20代後半 スポーツ関係 ランクC

ホームページも連絡先もない完全クローズドな交際クラブの利用レポート!

· 男性利用者レビュー,鳥田 順一,交際クラブ,美人倶楽部

はじめに

皆様はじめまして。協会のお年寄り担当の鳥田です。

まだまだ若いものには負けないぞと思いつつ、若者(といっても彼らも40代)達にはかなわないなと思いつつ筆を走らせようかと思います。

倶楽部情報

私が入っている交際クラブは、女性が個人で運営されている倶楽部です。

なので女性の数は大手の倶楽部さんに比べると少ないです。少数精鋭といったところでしょうか。

・倶楽部名:美人倶楽部

・業種:交際クラブ

・連絡先:知りたい方は当協会までお問い合わせください。ご紹介します。

・URL:ありません

・スマホ:ありません

・入会金:¥300,000(紹介者によって変動あり?)

デート詳細

日時:2018年1月頃

セッティング料:¥70,000

待ち合わせ場所:東京マリオットホテル

お食事場所:ラウンジ&ダイニングG

お食事予算:¥15,000

お部屋グレード:エグゼクティブ スーペリアコーナーキング

お部屋予算:¥22,000(ポイント宿泊リワードメンバーアップグレード差額)

初めての倶楽部

もともと別の交際クラブで知り合った、現役グラビアアイドルのKさんの友人が運営されている交際クラブです。

特徴としては

・在籍している女性(70名前後)はすべてKさんの知り合いの知り合いまでの範囲から紹介された女性。

・全員と面談している。

・美人は、自分より美人はなかなか紹介してくれないが、自分の株が下がるほどの女性も紹介しない→よって結果的に系統の違う美人が集まる

らしいです。

なので残念ながらあまり初々しい女性はいませんね。

ただ圧倒的に綺麗で美人でスタイルもよい、しかもよっぽどの事がない限り食事で断られることもないそうです。(某倶楽部風に言うとDタイプってことなのかな。)

逆に言うとご飯食べてSEXが終わるとみんな家に帰ってしまいます。

オファーした女性

あまり性格的に悪い女性は採用しないとのことだったので、無類のボブカット&セミロング好きの私は今回、完全に容姿だけでオファーしました。

セミロングの栗色の髪がとても素敵な感じでした。

こちらの倶楽部は女性のプロフィール写真は顔も全て出ていて、洋服姿の写真と下着姿の写真があります。プロフィール見てるだけで満足。

待ち合わせ、食事

ロビーで待ち合わせ。

ほぼ時間通りに女性が来る。

パネルマジックは・・・。写真を100としたら80くらい。

綺麗な女性なのですが、写真で修正して超きれいになっていたので若干の残念感は生じました。

お食事についてはマナーも問題ないし会話も問題ないので楽しく過ごせたと思います。(あんなに詳細に覚えてる江藤の方が変なのヨ)

SEX

若い女性とSEXしてると、このまま死んでも良いかなという気持ちと、またこの感じを味わいたいという気持ちが両方出てくるから不思議。

生きる気力をお金で買っている感じになります。

SEXはちょっと積極的ではなない感じでした。

でも美人は3日で飽きるといいますが、美人のSEX中の表情は3日では全然飽きないというのが実感です。

SEXの終わった後に女性が不正出血して大変でした。神にちかって乱暴にしたりゴシゴシ触ったりはしていません。羽毛を扱うように女性に触れる時は気をつけています。体調的なものなのでしょうがないとわかっていますが最初でこれだとちょっと・・・。

乳首も触らないでといっていたので、生理前だったのかなんて思いながら。

やっぱ年寄りは気持ち悪いってのが本音なのかなんて思いつつ。

解らないことは考えても仕方ないやめましょう。

《評価》 5段階

交際クラブ側の対応・・・4.5

連絡もスムーズだし、セキュリティを意識した暗号化チャットのツールを使ってくれています。(一定期間するとメッセージが自動で消えるって寂しいけど便利)

女性・・・3.0

最初の期待値が高すぎたので今回はちょっと低め。

でも女性自体は多分よそのクラブなら最高ランクだと思います。

外見が良いだけに対応がちょっとなという感じです。

費用

お手当は¥70,000だったので全部あわせて¥170,000前後です。

初回はどうしてもセッティング料が入るので高くなってしまいます。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly